スポーツクリック
ベースボールマガジン社

ホーム > ラグビー > 書籍

もっとも新しいラグビーの教科書〜今、鮮やかに最新理論として蘇る大西鐵祐のDNA〜

2015年8月14日
BBM1140046

(本体)1,500円+(税)120円

  • カート

CONTENTS

逆転の発想で高校ラグビーを牽引してきた知将が“ラグビーの原理原則”を精緻に展開

【内容】
高度なディフェンス理論が発達した現在、単純な押し合いだけでは勝てない。リスクを負ってでもボールを動かし、スペースを生み出すプレーにチャレンジしなければならない。花園優勝3回、高校ラグビー界を代表する名将が、ラグビーの戦術をやさしく、わかりやすく解説する。実際に試合で現れるプレーを紹介しながら、シチュエーションごとの戦略を紹介。ラグビーのプレーヤーはもちろん、これを読めば、ラグビーの見方が変わる!

【目次】
■Part1 理論編
○第1章 ラグビーは15人対15人で戦うスポーツである
○第2章 いかにグラウンドを効果的に使うか
○第3章 ラグビーは確率のスポーツである
○第4章 すべてのプレーには意味がなければならない
○第5章 理想を追求する理由――すべてがうまくいくわけではない
■Part2 実践編
○第6章 攻撃起点概論
○第7章 スクラム
○第8章 ラインアウト
○第9章 キックレシーブ
○第10章 ターンオーバー
○第11章 ペナルティキック
○第12章 連続攻撃

【著者プロフィール】
土井 崇司(どい・たかし)
東海大学を卒業後の1984年、当時創立2年目の東海大学仰星高校に赴任。以来、持ち前の負けじ魂を推進力に次々と革新的なアイデアを生み出し、クラブを激戦区・大阪きっての強豪へと育て上げた。花園出場は1992年の初出場を皮切りに14回。その間に3度の優勝(1999年度、2006年度、2013年度)。世界のトライ王、大畑大介を筆頭に、卒業後にトップレベルで活躍する教え子は枚挙にいとまがない。2014年からは東海大ラグビー部のテクニカルアドバイザー。

四六判・288頁
ISBN978-4-583-10864-3 C2075

おすすめ商品