ベースボールマガジン社

ホーム > 陸上 > 書籍

陸上競技入門ブック
跳躍第2版

吉田孝久/著
2021年 2月 9日発売
BBM1300096
A5判並製・160頁
定価 本体 1,700円+税
ISBN:978-4-583-11340-1 C2075

  • amazon.co.jpで買う
  • カート

CONTENTS

    中高生を対象にした陸上競技入門シリーズの跳躍は、跳躍に必要な基本的な内容を紹介した1冊。第2版では、詳細な解説と写真に加えて、掲載の模範動作をQRコードから動画で確認できるようにグレードアップ。跳躍で重要な地面反力の作用線上に体を乗せるという「軸づくり」をはじめ、踏み切りのリズムなどのテクニックやトレーニング方法などの動きを、よりイメージしやすくなっている。

    【目次】
    はじめに
    PART1 跳躍種目の基本
    PART2 走高跳のテクニック&トレーニング
    PART3 走幅跳のテクニック&トレーニング
    PART4 三段跳のテクニック&トレーニング

    ■跳躍運動の補強運動
    ■トレーニングプラン
    ■跳躍の試合に臨む
    ■補強運動
    ●巻末資料1 跳躍の助走スピードと距離
    ●巻末資料2 跳躍種目の記録の数位
    あとがき

    【著者紹介】
    吉田孝久(よしだ・たかひさ)/著
    1970年生まれ、神奈川県出身。筑波大学大学院修了、博士(コーチング学)。日本陸上競技連盟強化委員会オリンピック強化コーチ男子走高跳担当、日本オリンピック委員会強化スタッフ。2011、13、15、17、19年世界選手権跳躍コーチ、2016年リオデジャネイロ・オリンピック跳躍コーチ。2017、18,19年には跳躍種目で3名の学生チャンピオンを輩出。
    上郷高校時代はインターハイの走高跳で2m20の大会記録を樹立。筑波大学時代に2m23、2m25の日本ジュニア記録(当時)を更新。2m28の学生記録(当時)を跳躍。大学卒業後はミズノに就職し、1993年に日本記録(当時、2m31)を樹立。主な国際大会は、シドニー・オリンピック代表、世界陸上に2回、アジア大会に優勝を含め3回出場。三段跳でも国体(熊本)で優勝の経験がある。

おすすめ商品