ベースボールマガジン社

ホーム > プロレス・格闘技 > 書籍

6月13日を忘れない 三沢光晴最後の一日

2015年6月15日
BBM1490081

定価 本体1,400円+税

  • カート

CONTENTS

人生にたられば〞はない。2009年6月13日、プロレス界の盟主〞急逝―― 現地で取材した「週刊プロレス」編集部が、当事者15人の証言とともに、あの日とそれからの6年間を追ったドキュメント

【内容】
人間、諦めちゃったらそこで終わり。プロレスでも、自分の試合をもっと面白くできる可能性がある限り、それを追い求めていくべきだと思う。三沢光晴[あれから6年が経って、今度はそれを正確に詳しく伝えたいと思った。同時に、選手&関係者たちの中にある“あの日”を形にすることで、三沢光晴という偉大なプロレスラーの死がさまざまな角度から記録できるはずだ。そんな思いから、2015年から『週刊プロレス』で連載として、当事者たちの言葉を届けてきた。本書は、その証言を収録、書籍用に新たに川田利明、田上、小橋という残された四天王3人、杉浦貴の“あの日”とそれからを特別収録し、あらためてドキュメントを書き下ろした記録書である。私たちは、“あの日”をどうやって記憶に残していけばいよいのか。本書がその手助けとなれば幸いだ。―――はじめにより]

【目次】
フォトドキュメント―三沢光晴最後の一日とそれからはじめに
●第1章 ドキュメント2009年6月13日―そして、それから
●第2章 証言 四天王3/4川田利明/田上 明/小橋建太
●第3章  証言 闘い続ける者たち齋藤彰俊/潮 豪/西永秀一レフェリー/浅子 覚トレーナー/百田光雄/杉浦 貴/鈴木鼓太郎/石森太二/山善廣/丸藤正道/大川正也リングアナウンサー/落合史生カメラマン
●第4章  家族の想い ラストバンプ(特別収録「愛妻からみた素顔の三沢光晴―LAST BUMP」)三沢光晴年表
おわりに

四六判・176頁
ISBN978-4-583-10882-7 C0075

おすすめ商品