ベースボールマガジン社

ホーム > ソフトテニス > 書籍

ソフトテニスどんぐり北広島・中本裕二の「オールラウンド力」と「戦術&駆け引き」指南
中本裕二/著(どんぐり北広島監督)
2020年 2月17日発売
BBM1100101
A5判並製・136頁
定価 本体 1,600円+税
ISBN:978-4-583-11271-8 C2075

  • amazon.co.jpで買う
  • カート

CONTENTS

    世界選手権2019で金メダリストを輩出!
    「超攻撃型フォーメーション」で革命を起こした名門クラブの技術と戦術を公開!

    【目次】
    はじめに
    第1章目指せ、オールラウンダー
    01ローボレーの基本
    02フォアのローボレー
    03バックのローボレー
    04逆クロス側でのフォアのローボレー
    05逆クロス側でのバックのローボレー
    06ダブルフォワード用ローボレー
    07後ろに下がるスマッシュ
    08前に出てスマッシュ
    09ハイボレー(フォア/バック)
    10ヒッティングボレー(フォア/バック)
    11フォアストローク(深いボール)
    12バックストローク(深いボール)
    13角度のあるフォアストローク
    14角度のあるバックストローク
    15フォアのスライスショット(長い/短い)
    16フォアのスライスショット(速い/緩い)
    17バックのスライスショット(3種類)
    18カットサービス
    19カットサービスからローボレー

    第2章『どん北スタイル』戦術&駆け引き
    01得意なコースを知ろう
    02シングルス5カ条
    03どん北流「勝つための3本柱」
    04前に出るタイミングは?
    05ダブルフォワードのポジション
    06高橋/半谷の攻撃パターン
    07オールラウンド力強化の練習メニュー
    08ボレーもいろいろ
    09あっち向いてホイ!?
    10目の動きで惑わす
    11ポジションで揺さぶりをかける
    12天候・環境を生かして勝つ
    13団体戦のベンチワーク
    14試合の見方、カウントの考え方

    第3章『どん北スタイル』コーチング論
     指導者とは「次の時代を読めないといけない」
     本気のシングルスからダブルフォワードへ
     選手との対話の大切さ
     自分のミスを許さない選手を育てたい
     ほめるとき、叱るとき「タイミングは重要」
     緊張が解けるわけない!
     固定観念に縛られるな!
     ペアとは仲が悪い方が強い!
     日々勉強
     最後は「中本語録」

    第4章提言~今、声に出して言いたいこと 中本裕二の「つぶやき」
    おわりに

    【著者紹介】
    中本裕二(なかもと・ゆうじ)
    1958年、広島県生まれ。音戸高→日本体育大→日本電信電話公社(当時)。現役時代は日本リーグや全日本実業団など数々の主要大会で優勝。88年にNTT西日本広島女子監督に就任。93年~98年まで全日本女子チームのコーチを務め、2000年~2008年まで全日本女子ジュニアチームのコーチ・監督を歴任し、08年より全日本女子チーム監督に就任する。07年、生涯スポーツ功労者として文部科学大臣表彰を受賞。10年、日本代表女子監督として念願のアジア競技大会(広州)の国別対抗・ダブルスで金メダルを獲得。11年、アジア競技大会金メダル獲得により、文部科学大臣表彰を受賞。13年にNTT西日本広島監督を退任し、15年に地域密着型ソフトテニスクラブ「どんぐり北広島」を創設。現在は、同クラブ監督を務めながら、全国を飛び回り、地域と連携した指導体制のもとソフトテニス教室・講習会活動を精力的に行うなど、ソフトテニスの振興と普及に努めている。

おすすめ商品