ベースボールマガジン社

ホーム > 相撲 > 書籍

 
令和五年大相撲力士名鑑

令和五年大相撲力士名鑑

2023年 1月12日発売
定価  1,210円(税込)
BBM1360126
毎年大人気! 大相撲力士名鑑の令和五年版。関取衆カラー化粧廻し名鑑、部屋別全相撲人写真名鑑で、最高位、通算成績、優勝・三賞受賞回数、血液型など力士の詳細情報がわかる。行司、呼出し、床山なども、部屋別に紹介。寸評からは力士、裏方の素顔が垣間見えて楽しい! 索引付きでお目当ての力士のチェックに便利。力士の出身地で多い県がわかるイラストマップも収録。また2022年相撲界を各場所星取表付きで写真とともに振り返る。優勝回数、三賞回数ランキングも掲載。
 
 
平成新入幕力士物語<br />
第3巻<平成14年-18年>

平成新入幕力士物語
第3巻<平成14年-18年>

2022年11月12日発売
定価  4,400円(税込)
BBM1360153
平成元年一月場所から平成31年三月場所まで、182場所で入幕を果たした力士238人の相撲人生を振り返る5巻シリーズ。
第3巻は、平成2度目の4横綱時代を作った白鵬、日馬富士、鶴竜のモンゴル勢、約20年ぶりの日本人横綱となった稀勢の里をはじめ、ヨーロッパ出身大関の琴欧州、把瑠都など、国際色も豊かな36力士が登場。
 
 
平成新入幕力士物語<br />
第2巻<平成6年-13年>

平成新入幕力士物語
第2巻<平成6年-13年>

2022年 8月27日発売
定価  4,400円(税込)
BBM1360152
平成元年一月場所から平成31年三月場所まで、182場所で入幕を果たした力士238人の相撲人生を振り返る5巻シリーズ。
第2巻は、スピーディーかつ豪快な相撲で幕内優勝25回を成し遂げた、モンゴル出身初の横綱朝青龍をはじめ、栃東、出島、千代大海、雅山、琴光喜の5大関を含む52名の多彩な顔ぶれが登場。
 
 
七転び八起き 豊ノ島自伝

七転び八起き 豊ノ島自伝

2022年 6月 4日発売
定価  1,980円(税込)
BBM1360058
波乱万丈、天才力士の18年。
天性の土俵勘と玄人好みの業師ぶり。
小よく大を制し、転んでも立ち上がり続けた。
「第二新弟子検査の星」が歩んだ土俵人生。
 
 
平成新入幕力士物語<br />
第1巻<平成元年-5年>

平成新入幕力士物語
第1巻<平成元年-5年>

2022年 5月 2日発売
定価  4,400円(税込)
BBM1360151
平成時代に新入幕を果たした力士の栄光と苦闘を、5つの年代に分けて紹介する書籍。
弊社発行の月刊誌『相撲』の連載記事などを大幅加筆修正するともに、新規原稿も投入。
総勢238名の平成新入幕力士の物語を、弊社秘蔵写真、星取表とともに5巻にわたりつむぐ。
 
 
真っ向勝負 嘉風自伝

真っ向勝負 嘉風自伝

2022年 2月14日発売
定価  1,980円(税込)
BBM1360057
のらりくらりの日々から覚醒、スピーディーかつスリリングな相撲で万雷の拍手を浴び、土俵に鮮烈な印象を刻んだ力士の物語
どんなに強い相手に対しても決して臆することなく、知恵と技と力の限りを尽くして立ち向かい、スピーディでスリリングな相撲で見る者の心を震わせ、万雷の拍手を浴びた人気力士・嘉風。土俵人生半ばまで、現状に満足し、のらりくらりと日々を過ごす中堅力士だった彼が、別人のように変貌を遂げた背景にはどんな物語が隠されているのか。
引退した今、本人が自らの言葉で振り返る。
 
 
関取になれなかった男たち

関取になれなかった男たち

2022年 2月 2日発売
定価  1,870円(税込)
BBM1360056
大相撲の世界で、番付が十両以上の力士は「関取」と呼ばれる。関取には人数枠があり、幕内42人、十両28人の合計70人。全力士のうち約1割しかなれない狭き門だ。給料の有無など、十両以上と幕下以下の差はあまりに大きい。だからこそ、十両昇進を争う幕下上位は、人生を懸けた戦いが繰り広げられる。
関取になれたか、なれなかったか――。この事実は、その後の人生にも大きな影響を及ぼす。力士の大多数は、関取になれないまま引退する。中でも、現役時代の最高位が幕下筆頭、つまり関取に限りなく近づきながらも夢を諦めざるを得なかった者たちがいる。あと半枚、あと一枚、番付を上げていれば関取になれた彼らは今、何を思うのか。引退後、どのような人生を送っているのか。
長く大相撲を取材してきた佐々木一郎氏が、最高位が幕下筆頭という元力士6人(春日国、師子王、友鵬、錦風、緑富士、小金富士)の生きざまに迫った。
 
 
令和四年大相撲力士名鑑

令和四年大相撲力士名鑑

2022年 1月19日発売
定価  1,210円(税込)
BBM1360125
大好評! 写真名鑑の令和四年版。関取衆カラー化粧廻し名鑑、部屋別全相撲人写真名鑑で、最高位、通算成績、優勝・三賞受賞回数、血液型など力士の詳細情報がわかる。行司、呼出し、床山なども、部屋別に紹介。寸評からは力士、裏方の素顔が垣間見えて楽しい! 索引付きでお目当ての力士のチェックに便利。力士の出身地で多い県がわかるイラストマップも収録。また2021年相撲界を各場所星取表付きで写真とともに振り返る。優勝回数、三賞回数ランキングも掲載。
 
 
白鵬の脳内理論<br />
9年密着のトレーナーが明かす<br />
「超一流の流儀」

白鵬の脳内理論
9年密着のトレーナーが明かす
「超一流の流儀」

2021年 3月 6日発売
定価  1,760円(税込)
BBM1360091
その考え方、行動、習慣には、私たちの日々の生活に生かせる学びがある—
白鵬から絶大な信頼を寄せられる専属トレーナーが明かす、最強横綱の流儀。
 
 
令和三年大相撲力士名鑑

令和三年大相撲力士名鑑

2021年 1月16日発売
定価  1,210円(税込)
BBM1360124
大人気! 写真名鑑の令和3年版。関取衆カラー化粧廻し名鑑、部屋別全相撲人写真名鑑で、最高位、通算成績、血液型など力士の詳細情報がわかる。行司、呼出し、床山なども、寸評とともに部屋別に紹介。力士の出身地で多いのはどこか、一目でわかるイラストマップも収録。出身地別索引でご当地力士を探すのも楽しい。また、2020年相撲界を各場所星取表付きで振り返る。
 
 
こどもたちと楽しむ 知れば知るほどお相撲ことば

こどもたちと楽しむ 知れば知るほどお相撲ことば

2020年 5月15日発売
定価  1,760円(税込)
BBM1360055
相撲にまつわる日常でも使えることばがまるわかり!
いなす、うっちゃる、待ったなし、仕切り直し……。これってみんな相撲が語源だった!
現在、私たちが日常で使っている言葉には相撲から生まれた言葉がたくさんあります。
この本では、そんな相撲に由来する言葉を中心に、相撲界だけで使われる専門用語や俗語も含めて、楽しいイラストとともに紹介。
知れば知るほどおもしろい相撲の世界を言葉の窓からのぞいてみましょう。
 
 
稽古場物語

稽古場物語

2020年 1月28日発売
定価  2,420円(税込)
BBM1360089
大鵬が造った部屋、千代の富士が鍛錬した稽古場、白鵬が育った場所、稀勢の里が汗を流した土俵――。
大相撲番記者の佐々木一郎氏が、一点透視法による精密なイラストと文章で綴る、44部屋の稽古場の物語。
月刊誌『相撲』(ベースボール・マガジン社)での4年間にわたる好評連載を、大幅に加筆修正してまとめました。
◎部屋別稽古場見学ガイド、稽古場所在地マップ付き
 
 
令和二年大相撲力士名鑑

令和二年大相撲力士名鑑

2020年 1月22日発売
定価  1,210円(税込)
BBM1360123
大人気! 写真名鑑の令和2年版。関取衆カラー化粧廻し名鑑、部屋別全相撲人写真名鑑で、最高位、通算成績、優勝・三賞受賞回数、血液型など力士の詳細情報がわかる。行司、呼出し、床山なども、部屋別に紹介。寸評からは力士、裏方の知られざる横顔が垣間見えて楽しい! 索引付きでお目当ての力士のチェックに便利。力士の出身地で多い県がわかるイラストマップも収録。また2019年相撲界を各場所星取表付きで写真とともに振り返る。
 
 
我が相撲道に一片の悔いなし 稀勢の里自伝

我が相撲道に一片の悔いなし 稀勢の里自伝

2019年10月 3日発売
定価  1,980円(税込)
BBM1360090
「私の相撲道において、一片の悔いもございません」
きっぱりとそう語り、土俵を去った横綱稀勢の里。目先の勝利を求めて小細工に走ることなく、正々堂々と真っ向勝負を挑む姿が全国の相撲ファンの心をわしづかみにした。数々の試練を乗り越えての初優勝、横綱昇進、大ケガを負いながら奇跡の逆転優Vなどドラマを土俵に刻んできた。現役時代は多くを語らず、黙々と土俵に上がり続けてきた横綱が、引退して荒磯親方となり、第二の人生に踏み出した今、これまでの思いと貫いてきた相撲道を、飾らない言葉で振り返る。
 
 
知れば知るほど行司・呼出し・床山

知れば知るほど行司・呼出し・床山

2019年 5月13日発売
定価  1,650円(税込)
BBM1360084
“裏方”と呼ばれがちな行司・呼出し・床山は、大相撲を支える縁の下の力持ちであると同時に、実は大相撲になくてはならないもうひとつの“花形”。
本書では伝統文化を支えるこの三職の成り立ちや装束、仕事について、歴史をひも解きながら詳しく紹介しています。
この一冊を通して、知れば知るほど楽しい大相撲の世界を行司・呼出し・床山の視点から新たに発見してみてください。
 
 
平成三十一年(2019年)大相撲力士名鑑

平成三十一年(2019年)大相撲力士名鑑

2019年 1月17日発売
定価  1,100円(税込)
BBM1360122
大人気! 写真名鑑の平成三十一年(2019年)版。
関取衆カラー化粧廻し名鑑、部屋別全相撲人写真名鑑で、最高位、通算成績、優勝・三賞受賞回数、血液型など力士の詳細情報がわかる。
行司、呼出し、床山なども、部屋別に紹介。
寸評からは力士、裏方の知られざる横顔が垣間見えて楽しい!
索引付きでお目当ての力士のチェックに便利。
力士の出身地で多い県がわかるイラストマップも収録。
また2018年相撲界を各場所星取表付きで写真とともに振り返る。
 
 
全身全霊 第70代横綱、18年間のけじめ

全身全霊 第70代横綱、18年間のけじめ

2018年 9月27日発売
定価  1,870円(税込)
BBM1360082
軽量力士ながら人一倍の稽古と激しい取り口で昇進の階段を一つ一つ登り、第70代横綱となった日馬富士。
その土俵人生のすべてを回想する―
 
 
大相撲決まり手大図鑑 全82手 <ハンディ版>

大相撲決まり手大図鑑 全82手 <ハンディ版>

2018年 9月19日発売
定価  1,320円(税込)
BBM1360083
力士たちの「技」を知れば、相撲がもっと面白くなる!
直径4.55メートルの円形の舞台で、巨体・長身・小兵とさまざまな体格の力士たちが、己の鍛錬と頭脳で築き上げた技で競い合う。
そこから生まれる“造形美”こそが、日本の国技・大相撲の最大の魅力でもあるのだ。
同書では、相撲の決まり手を徹底解説。この奥深き世界をじっくりと紹介する。
 
 
新版 横綱の品格

新版 横綱の品格

2018年 3月 5日発売
定価  1,760円(税込)
BBM1360081
大横綱、双葉山の没後50年。相撲求道の軌跡が、待望の復刊で一冊になりました。人はどう生きるべきかーー、静かな筆致で教えてくれます。
『この本は、かつて日本国中のあこがれの的だった大横綱が、自分の人生を淡々と振り返りつつ、体験から学んだ相撲求道の軌跡を誠実に、ずばりと指し示してくれたものである。ページ数は少ないが、実に読むところが多い。しかしながら、同じことをいっても、どのように受け取るかは、それを受け取る者のレベルによってちがってくる。大相撲関係者には真摯に相撲界の財産ともいうべき本書を読みなおして意識を新たにしてもらい、ファンの方にはここに書かれている相撲界や力士のあるべき姿を取り戻させるよう応援、ご指導をお願いしたい。さらには相撲ファンならずとも双葉山関の人生から、人として、もつべき品格の何たるかを考える機会にしていただきたい。  (大鵬幸喜「本書に寄せて」より)』
 
 
平成三十年度 大相撲力士名鑑

平成三十年度 大相撲力士名鑑

2018年 1月15日発売
定価  1,100円(税込)
BBM1360121
毎年恒例! 相撲観戦に必携の一冊。
初場所から九州場所まで一年を通して活用できます。
部屋別全相撲人写真名鑑は、今まで以上に内容を充実させ読み応えがUP!
この一冊で相撲がより一層楽しめます!
初場所が行われる両国国技館でも販売しております!