ベースボールマガジン社

ホーム > テニス > 書籍

競技力が上がる体づくり テニスの筋力トレーニング
浜浦幸広/著(フィジカルコーチ、元男子テニス日本代表フィジカルコーチ)
2019年12月27日発売
BBM1100107
A5判並製・176頁
定価 本体 1,800円+税
ISBN:978-4-583-11240-4 C2075

  • amazon.co.jpで買う
  • カート

CONTENTS

    新シリーズ『競技力が上がる体づくり』が登場!
    トッププロのサポートから部活動のコーチまで、そのフィジカル強化指導に定評のある著者が、テニス上達に役立つ、だれもが継続しやすい自体重トレーニングを精選して紹介。
    「基本のトレーニング」「ストレッチ」「肩のエクササイズ」に加え、上級者向けの「プロ・サーキット・トレーニング」まで、写真でわかりやすく解説した。
    育成年代の選手をはじめ、すべてのプレーヤー、指導者に届けたい「エクササイズの参考書。」

    【目次】
    はじめに
    本書の内容と使い方
    Part1 トレーニングの基礎知識
    1テニスに必要なトレーニングとは
    2自体重トレーニングのメリット
    3正しいフォームを犠牲にしない
    4テニスで使われるカラダの部位
    5トレーニングを行う時間帯、回数は?
    6思春期にトレーニングが必要な理由
    7鍛える部位を意識する

    Part2 基本トレーニング・カタログ
    自体重トレーニングを始める
    001プッシュアップ(Variation01~08)
    002スクワット(Variation01~09)
    003ランジ(Variation01~22)
    004シコ(腰割り)(Variation01~05)
    005バービー(Variation01~06)
    006ストリクト・クランチ(Variation01~04)

    Part3 障害予防のためのエクササイズ
    常に動かしやすい状態を維持しておくために
    001腸腰筋ストレッチ
    002ハムストリングス・ストレッチ(3段階)
    003チェアー・ペルビックティルト
    004エルボーtoフロアー
    005肩入れ開脚ストレッチ
    006足首キャッチ&ツイスト

    Part4 肩の障害予防エクササイズ
    骨盤とも連動している肩甲骨を動かす
    001ウィンギング
    002ショルダー・ツイスト

    Part5 プロ・サーキット・トレーニング
    プロ選手が行っている高強度トレーニング

    付録 自体重トレーニングの組み合わせ方
    おわりに

    【著者紹介】
    浜浦幸広(はまうら・ゆきひろ)
    フィジカルコーチ。1970年神奈川県横浜市生まれ。株式会社未来教育総合研究所所属。2002年~2009年に東海大学学外サポートスタッフとして、男女硬式テニス部・チアリーディング部・男子ラクロス部などの部活指導を行うかたわら、国立スポーツ科学センター(JISS)非常勤トレーナーとして、アテネ及び北京オリンピック日本代表選手のフィジカル強化サポートを行う。2008~2011年には男子テニス日本代表フィジカルコーチとして活動。現在も、陸上(短距離)の桐生祥秀選手など、プロテニス選手以外にも多競技にわたるトップアスリートのフィジカル強化サポートを行っている。

おすすめ商品