スポーツクリック
ベースボールマガジン社

ホーム > シリーズ書籍 > 身になる練習法シリーズ

身になる練習法 バレーボール 技術を磨く筑波大メソッド
秋山 央(筑波大学男子バレーボール部監督)/著
2018年 6月26日発売
BBM1110038
A5判並製・176頁
定価 本体 1,500円+税
ISBN:ISBN978-4-583-11082-0 C2075

  • amazon.co.jpで買う
  • カート

CONTENTS

    2017年のインカレでは全日本のエース・石川祐希を擁する中央大学を破って準優勝、天皇杯でもV・プレミアリーグの堺ブレイザーズを破るなどしてベスト8に進出を果たした筑波大学を率いる秋山央監督が監修を務める。
    パス、ディグ、レセプション、スパイク、サーブ、ブロックといった基本技術を高めるためのバリエーション豊かな練習メニューを紹介。
    さらにコンビネーション練習や、試合に向けた練習メニューの組み方も公開します。

    【目次】
    はじめに
    第1章  パス
    第2章  ディグ
    第3章  レセプション
    第4章  スパイク
    第5章  サーブ
    第6章  ブロック
    第7章  トス
    第8章  複合練習
    第9章  スキルアップ練習
    第10章 チームづくりと年間計画
    おわりに

    【著者紹介】
    秋山 央(あきやま・なかば)
    1970年生まれ。現役時代は東レ・アローズのセンタープレーヤーとして活躍。引退後、2009年からは東レ・アローズの監督に就任し、第60回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会優勝、2011/12Vプレミアリーグ準優勝という成績を残した。その後、筑波大学の監督に就任。昨年のインカレではチームを準優勝に導いた。筑波大学の監督と並行して、ユニバーシアード日本代表男子チームのコーチも務める。

おすすめ商品