スポーツクリック
ベースボールマガジン社

ホーム > サッカー > 別冊・増刊・MOOK

ジュニアサッカークリニック 2018
B.B.MOOK 1410
2018年 4月19日発売
BBM0681365
B5判
定価 本体1148円+税
ISBN:978-4583625508

  • amazon.co.jpで買う
  • カート

CONTENTS

  • SPECIAL INTERVIEW
    巻頭インタビュー
    中村憲剛(川崎フロンターレ/MF)
    「自分で考えてプレーするのはとても大切。苦しく厳しい局面に遭遇したら、
    『限界まで頑張った?』と自問してほしい」

    SPECIAL FEATURES
    特集企画
    全日本少年サッカー大会に出場した7チームに聞いた8人制サッカーの賢い活用術と練習法
    特集(1):セレッソ大阪(大阪府)
    「選手一人ひとりの将来像を描きながら、必要な能力を自分で考えさせ、取り組ませる」

    特集(2):MIRUMAE・FC(岩手県)
    「デメリットも利用して個を強化。次につながる技術とメンタルを身につける」

    特集(3):柏レイソル(千葉県)
    「8人制でのポジションや役割にとらわれず、11人制での適性も見据えながら長所を磨く」

    特集(4):アミティエSC草津(滋賀県)
    「個の技術の向上を意識しながら行なう、『チームに応じた戦い』が8人制に限らず大事」

    特集(5):西宮SS(兵庫県)
    「8人制でもあえて狭いスペースをつくり、打開できる技術と落ち着きを身につける」

    特集(6):Jフィールド津山SC(岡山県)
    「練習では将来も見据えてすべきことをし、試合ではよく考えて工夫し、勝負にこだわる」

    特集(7):小倉南FC(福岡県)
    「カバーし合う人数の少なさを選手自身の判断力で補っていく」

    REPORT
    JFAによる「8人制」検証
    「攻守両面でボールに関わり続ける意識は高まった。
    だが、多くの子供が試合に出られる仕組みづくりは課題」

    理想的な「低学年指導」を学ぶ
    「ゴールデンエイジ」を迎える前に押さえたい
    低学年が伸びる4つのポイント

    「うまい選手」を考える
    府中新町FC主催
    マリーニョ×川端暁彦「講演会」の誌上再現

    OFF THE PITCH LECTURE
    スポーツと歯の関係
    「噛み合わせが体のバランスを左右する。 日常的に噛む動作を意識しよう! 」

    アンガーマネジメント
    「エネルギーを上手に発揮するために、 感情を言語化するトレーニングをしよう! 」

    食事
    「子供の頃から腸内環境を整え、サッカーに適した身体をつくろう! 」

    SPECIAL MESSAGE
    ベテラン指導者からの提言
    永濱和紀(兵庫FC・代表)
    「1つの考え方に縛られてしまうと 指導者だけでなく選手も成長できない」

    RESULTS
    第41回全日本少年サッカー大会
    バーモントカップ 第27回全日本少年フットサル大会

    SCHEDULE
    スケジュール
    2018年 ジュニア年代の主な大会スケジュール

おすすめ商品