スポーツクリック
ベースボールマガジン社

ホーム > 野球 > 書籍

3000安打の向こう側
松井稼頭央/著
2016年4月30日発売
BBM1050172

定価 本体 1,500円+税

  • カート

CONTENTS

“レジェンド”松井稼頭央の『これまで』と『これから』――。

2016年シーズンでプロ生活23年目を迎えた球界のレジェンド。
日米通算の安打数は2649を数え、3000安打まであと351に迫った。
永遠の野球少年が目指す高い頂とはどこか―。
松井稼頭央が自身の『これまで』と『これから』を語った。

【目次】
序  章 20年目の決断  野球人としての可能性を求めて
第1章 エリートだらけの世界へ  0から1を作り上げる方法
第2章 プロに必要な才能とは  自分が一番へたくそだと思え
第3章 プロフェッショナルの定義  コンディションづくり
第4章 僕を支えてくれた恩人たち  野球は一人ではうまくなれない 
第5章 “ベースボール” の世界から東北へ 好きなことは納得するまで徹底的に
終 章 3000安打の向こう側  これからも“大人げない大人”であり続けよう! 
松井稼頭央 年度別打撃成績

【著者プロフィール】
松井稼頭央(まつい・かずお)
1975年大阪府出身。東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。PL学園高時代はピッチャーとして活躍し、1993年にドラフト3位で西武ライオンズに入団。この時期に内野手、スイッチヒッターへ転向。1997年にレギュラーの座をつかむと、同年のオールスターでは1試合4盗塁の新記録を樹立し、MVPを獲得した。2002年にはスイッチヒッター史上初のトリプルスリーを達成。2003年オフにはFA宣言してニューヨーク・メッツに移籍。新人としては史上初の「開幕戦新人初打席初球初本塁打」を記録。2005年の初打席も開幕戦でいきなり本塁打を打ち、2006年にはメジャー昇格初戦の初打席で日本人初のランニングホームランを記録した。2006年シーズン中にトレードでコロラド・ロッキーズに移籍すると、翌年にはセカンドのレギュラーに定着し、リーグ優勝に貢献。同年オフ、ヒューストン・アストロズへ移籍すると、2009年には日米通算2000安打を達成した。
2010年11月に東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。2012年から主将となり、10月には日米通算200本塁打を達成した。2013年には満身創痍ながら125試合に出場し、チーム初の日本一に貢献。2015年から外野手登録となり、7月28日のソフトバンク戦で日本通算2000安打を記録している。


四六判並製・192頁
ISBN978-4-583-10990-9 C0075

おすすめ商品