ベースボールマガジン社

ホーム > オリンピック他 > 日本武道館

刀剣の歴史と思想 IDEOLOGY of THE SWORD A Spiritual History of Japanese Culture

2015年1月19日
BBM1350151

(本体)1,500円+(税)120円

  • カート

CONTENTS

【内容】
好評発売中の単行本『刀剣の歴史と思想』を英訳化!刀剣を単なる武器としてではなく、神聖なものとして捉える思想とは何か―日本独自の展開をみせてきた刀剣に関する思想を、中国、朝鮮など、東アジアにまでルーツをたどりながら、確かな史料を基に考察。古事記・日本書紀に語られる神話、平家物語・太平記などにみられる三種の神器にまつわる記述、鹿島新當流、示現流に伝わる伝書といった歴史的文献を読み解き、日本刀剣思想のオリジナリティを浮かび上がらせる。
【Contents】Part1 Introduction
Part2 The Roots of Sword Ideals
Part3 The Formation of Mythical Imagery
Part4 Sword Ideology and Religiosity
Part5 Sword Ideals in the Middle Ages
Part6 Early-modern Sword Ideals
Part7 Swords Ideals in the Modern Era

【著者】
酒井 利信(さかい・としのぶ)
筑波大学体育系教授/著クリストファー・ヤング/翻訳アレック・ベネット/監修

四六版・268頁
ISBN978-4-583-10788-2 C0075

おすすめ商品