ベースボールマガジン社

ホーム > シリーズ書籍 > 差がつく練習法シリーズ

差がつく練習法 ソフトテニス<後衛編> 高田商業の勝負強さを磨く練習法

2016年1月25日
BBM1100092

(本体)1,500円+(税)120円

  • カート

CONTENTS

【内容】
考え方のレベルが変われば、技術も必ず向上する!毎年、優勝候補に名前が挙がる名門・高田商業高校ソフトテニス部。指揮を執る紙森監督の日々の練習方法、後衛としての基本となるストローク技術、そしてソフトテニスに対する考え方とは!

(詳細説明)ボールタッチやラケットワークの基礎から実戦力を高め勝つためのコツをつかむ練習まで。インターハイ団体で歴代最多優勝回数を誇る高田商業の練習メニューをここに大公開!

【目次】
はじめに
第1章 ボールタッチやラケットワークを磨く
第2章 実践的なストローク力を身につける
第3章 サービス&レシーブを強化する
第4章 勝つコツ&実戦力を磨く
第5章 What is 高田商業
おわりに

【著者プロフィール】
紙森 隆弘(かみもり・たかひろ)
1974年7月3日、奈良県生まれ。高田商業→日本大学。大学卒業後、1997年に和歌山県庁を経て県立和歌山北高校に赴任。ソフトテニス部を率いてインターハイ個人優勝を経験。その後、2006年より母校・高田商業の監督に就任。当時、インターハイ団体で16回の優勝を誇ったチームを引き継ぎ、その後、同団体で3度(2008年、2013年、2014年)優勝。その他、選抜、国体でもチームを日本一に導く。選手としても活躍し、1998年には全日本選手権優勝の実績を持つ。

A5判並製・176頁
ISBN978-4-583-10842-1 C2075

おすすめ商品