ベースボールマガジン社

ホーム > オリンピック他 > 卓球

マルチアングル戦術図解卓球の戦い方 先の先を読み、超高速ラリーを制す
岸川一星/著(クニヒロ卓球主任コーチ)
2020年 5月 7日発売
BBM1160094
B5判並製・144頁
定価 本体1,800円+税
ISBN:978-4-583-11160-5 C2075

  • amazon.co.jpで買う
  • カート

CONTENTS

  • 回転、コース、長さ、打法。瞬時の判断が勝敗を左右する卓球において、無数にある選択肢からベストな組み合わせをチョイスし、得点を奪うためにはどうすればいいのか。
    選手時代は全国大会で数々の実績を残し、現在はコーチとして幅広い年代の指導を行う著者が、自身の経験に基づいた理論で勝つための戦術を解説する。

    【目次】
    はじめに
    本書の使い方
    第1章基本の戦術
    サーブの駆け引き/レシーバーが見るべきポイント/ハーフロングからの3球目 ほか
    第2章両ハンド強打攻撃型(A型)の戦術
    3球目回り込み/3球目台上ドライブ/攻撃的なツッツキでレシーブ/チキータレシーブ ほか
    第3章両ハンドラリー主戦攻撃型(B型)の戦術
    下回転サーブ→ループドライブ/バックハンドラリーからの展開/ストップ→ブロック ほか
    第4章異質ラバー攻撃型(C型)の戦術
    3球目ナックルブロック/ショートサーブ→ミート打ち/フォア前をバックでレシーブ ほか
    第5章異質カット守備型(D型)の戦術
    3球目ドライブで意思表示/フォアカットの回転量の変化で翻弄/下がる前にミドルを狙われる ほか
    おわりに

    【著者紹介】
    岸川一星(きしかわ・いっせい)
    1983年生まれ、福岡県出身。祖父の影響で5歳から地元のクラブで卓球を始める。1997年全国中学校大会シングルス優勝。東山高校在学中の1999年、全日本選手権ジュニアの部で準優勝を飾る。早稲田大学進学後の2003年には全日本大学対抗選手権優勝、全日本学生選手権ダブルスで準優勝を果たすなど、第一線で活躍した。現在はクニヒロ卓球でコーチを務め、ジュニアからシニアまで幅広い年代の指導を行っている。

おすすめ商品