ベースボールマガジン社

ホーム > 相撲

 
相撲 10月号
秋場所総決算号

相撲 10月号 秋場所総決算号

2022年 9月29日発売
定価  950円(税込)
BBM0312210
鉄人玉鷲、史上最年長の賜杯
平幕玉鷲が横綱大関陣総なめで2回目の優勝
殊勲賞・玉鷲、翔猿/敢闘賞・高安/技能賞/若隆景
全15日間熱戦グラフ
幕内全力士自己採点
一覧を見る
 
 
令和4年度 大相撲力士名鑑
【改訂版】

令和4年度 大相撲力士名鑑 【改訂版】

2022年 9月13日発売
定価  1,400円(税込)
BBM0312229
全相撲人をカラーで紹介!
関取衆土俵上名鑑
全相撲人誕生日一覧
一覧を見る
 
 
平成新入幕力士物語
第2巻<平成6年-13年>

平成新入幕力士物語 第2巻<平成6年-13年>

2022年 8月27日発売
定価  4,400円(税込)
BBM1360152
平成元年一月場所から平成31年三月場所まで、182場所で入幕を果たした力士238人の相撲人生を振り返る5巻シリーズ。
第2巻は、スピーディーかつ豪快な相撲で幕内優勝25回を成し遂げた、モンゴル出身初の横綱朝青龍をはじめ、栃東、出島、千代大海、雅山、琴光喜の5大関を含む52名の多彩な顔ぶれが登場。
一覧を見る
 
 
七転び八起き 豊ノ島自伝

七転び八起き 豊ノ島自伝

2022年 6月 4日発売
定価  1,980円(税込)
BBM1360058
波乱万丈、天才力士の18年。
天性の土俵勘と玄人好みの業師ぶり。
小よく大を制し、転んでも立ち上がり続けた。
「第二新弟子検査の星」が歩んだ土俵人生。
一覧を見る
 
 
平成新入幕力士物語
第1巻<平成元年-5年>

平成新入幕力士物語 第1巻<平成元年-5年>

2022年 5月 2日発売
定価  4,400円(税込)
BBM1360151
平成時代に新入幕を果たした力士の栄光と苦闘を、5つの年代に分けて紹介する書籍。
弊社発行の月刊誌『相撲』の連載記事などを大幅加筆修正するともに、新規原稿も投入。
総勢238名の平成新入幕力士の物語を、弊社秘蔵写真、星取表とともに5巻にわたりつむぐ。
一覧を見る
 
 
真っ向勝負 嘉風自伝

真っ向勝負 嘉風自伝

2022年 2月14日発売
定価  1,980円(税込)
BBM1360057
のらりくらりの日々から覚醒、スピーディーかつスリリングな相撲で万雷の拍手を浴び、土俵に鮮烈な印象を刻んだ力士の物語
どんなに強い相手に対しても決して臆することなく、知恵と技と力の限りを尽くして立ち向かい、スピーディでスリリングな相撲で見る者の心を震わせ、万雷の拍手を浴びた人気力士・嘉風。土俵人生半ばまで、現状に満足し、のらりくらりと日々を過ごす中堅力士だった彼が、別人のように変貌を遂げた背景にはどんな物語が隠されているのか。
引退した今、本人が自らの言葉で振り返る。
一覧を見る
 
 
関取になれなかった男たち

関取になれなかった男たち

2022年 2月 2日発売
定価  1,870円(税込)
BBM1360056
大相撲の世界で、番付が十両以上の力士は「関取」と呼ばれる。関取には人数枠があり、幕内42人、十両28人の合計70人。全力士のうち約1割しかなれない狭き門だ。給料の有無など、十両以上と幕下以下の差はあまりに大きい。だからこそ、十両昇進を争う幕下上位は、人生を懸けた戦いが繰り広げられる。
関取になれたか、なれなかったか――。この事実は、その後の人生にも大きな影響を及ぼす。力士の大多数は、関取になれないまま引退する。中でも、現役時代の最高位が幕下筆頭、つまり関取に限りなく近づきながらも夢を諦めざるを得なかった者たちがいる。あと半枚、あと一枚、番付を上げていれば関取になれた彼らは今、何を思うのか。引退後、どのような人生を送っているのか。
長く大相撲を取材してきた佐々木一郎氏が、最高位が幕下筆頭という元力士6人(春日国、師子王、友鵬、錦風、緑富士、小金富士)の生きざまに迫った。
一覧を見る