ベースボールマガジン社

ホーム > 野球 > 書籍

えのきどいちろうの球界達人対談 本当は、死ぬまで野球選手でいたかった

2016年3月22日発売
BBM1050168

定価 本体1,500円+税

  • カート

CONTENTS

【内容】
球人国宝列伝記 マジっすか!

(詳細説明)
大の野球ファンであり、コラムニスト、ラジオのパーソナリティーとしても活躍中のえのきどいちろう氏が聞き手となり、野球を取り巻く「達人」たちに話を聞いた対談集。
達人ならではの野球論が存分に楽しめる一冊となっている。
ベースボールマガジンで連載し好評を呼んだ『えのきどいちろうの球界達人対談』に大幅加筆し、あらたにイチローや落合博満、松井秀喜のバットを手がけた久保田五十一さんの対談を含めてボリュームアップ。
また違った角度から野球の奥深さを知ることができる。

【出演者】
はじめに 宮本英治、高橋昭雄、ながさわたかひろ、荒川 博
杉下 茂、平松政次、中西 太、大島康徳、若松 勉
関根潤三、堀内恒夫、東尾 修、城之内邦雄
千葉 功、衣笠祥雄、岡田 功、小谷正勝、川部栄子
池井 優、久保田五十一 (ゲスト出演順)
おわりに

【著者プロフィール】
えのきどいちろう
1959年、秋田県生まれ。コラムニスト。中央大学時代に仲間と創刊したミニコミ誌『中大パンチ』の原稿が『宝島』編集者の目に留まり、商業誌デビュー。以降、各紙誌にコラムやエッセイを連載し、現在に至る。日本ハムファイターズ誕生時からのファンと知られ、『北海道新聞』にコラム「がんばれファイターズ!」を連載中。ラジオ出演も数多く、『ナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)、『くにまるジャパン』(文化放送)にレギュラー出演している。07年から12年までアイスホッケー『H.C.栃木日光アイスバックス』の運営会社、株式会社栃木ユナイテッドの取締役を務める。野球関係の近著に『F党宣言!俺たちの北海道日本ハムファイターズ』(河出書房新社)

四六判並製・392頁
ISBN978-4-583-10949-7 C0075

おすすめ商品