ベースボールマガジン社

ホーム > 野球 > 書籍

絶対に知っておきたい
野球現場のファーストエイド

笠原政志/著 富田一誠/医学監修
2022年 4月20日発売
BBM1040178
A5並製・488頁
定価  1,650円(税込)
ISBN:978-4-583-11446-0 C2075

  • amazon.co.jpで買う
  • カート

CONTENTS



    ベースボール・クリニックでの連載を加筆修正したもので、スポーツ指導者や大会運営者は選手をケガ、故障、事故から守る責任を負い、訴訟を受けるリスクを抱えています。すべてのスポーツ指導者の安全管理のバイブル的な内容。


    【目次】

    はじめに

    第1部 知っておきたい野球現場のファーストエイド

    野球現場におけるファーストエイドの必要性

    現場復帰に必要な早期心肺蘇生法とAED

    野球現場で起こり得る頭頚部外傷と脳震盪におけるファーストエイド

    スポーツ現場に行える熱中症のファーストエイド

    野球現場で起こり得る口腔外傷のファーストエイド

    野球現場で起こり得る眼周囲および鼻周囲の外傷のファーストエイド

    スポーツ外傷(挫傷)に対するファーストエイド

    部位別スポーツ外傷(挫傷)に対するファーストエイド

    部位固定法(上肢・脊柱・下肢)

    創傷(擦り傷、切り傷などの皮膚の傷)のファーストエイド

    スポーツ現場に備えておきたいファーストエイド物品

    迅速なファーストエイドに必要な緊急時対応計画(EAP)

    緊急時対応計画(EAP)作成方法のポイント

    第2部 野球現場におけるシチュエーション別ファーストエイド

    ヘッドスライディング・ダイビングヘッドで肩を痛めて動かせない

    フライ捕球時などに選手同士の頭が強い衝撃で衝突した

    スライディングをした際にヒザに激痛を感じて動けない

    ランニング中に太もも裏に激痛が走って動けない

    ウエイトトレーニング中に腰に激痛が走って動けない

    ベースランニング中にベースで足を捻ってしまった

    ボールがふくらはぎに当たった

    あとがき

    【著者紹介】

    笠原 政志(かさはら・まさし)

     1979年生まれ、千葉県出身。習志野高-国際武道大学。国際武道大学大学院修了。その後、鹿屋体育大学大学院博士後期課程にて学術博士(体育学)取得。高校まで野球部主将として野球に没頭し、大学からアスレティックトレーナーの研鑚を重ねる。専門分野はコンディショニング科学。研究活動はアスリートの競技力向上とスポーツ障害予防にかかわるコンディショニングに関する研究と実践を日々行っている。日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、日本ライフセービング協会BLSインストラクター。

    富田 一誠(とみた・かずなり)

     1968年生まれ、茨城県出身。昭和大学医学部卒業後整形外科に入局し、関連病院で研修を積み、MayoClinic(アメリカ)に留学。昭和大学江東豊洲病院整形外科診療科長・准教授を務めたのち現職に至る。03年から野球日本代表チームドクターを務め、オリンピック(北京、東京)、WorldBaseballClassic(09、13、17年)、プレミア12(15、19年)などを経験。現在日本野球機構医事委員長、日本野球協議会医科学部副部会長として、各指導者講習会などで、緊急時の対応、子供の成長と障害・ケガ予防への対策など医学講座を担当。

おすすめ商品