ベースボールマガジン社

ホーム > オリンピック他 > 剣道・弓道・合気道

合気道 その歴史と技法
植芝守央/著
2022年 4月13日発売
BBM1370048
四六上製・346頁
定価  2,640円(税込)
ISBN:978-4-583-11500-9 C0075

  • カート

CONTENTS

  • 世界140の国と地域、国内2400の道場・団体で愛好される合気道。開祖・植芝盛平翁の生涯、植芝吉祥丸二代道主による普及・振興、さらなる発展に繋げた現道主による取り組み。その歴史の中で培われ伝え続けてこられた合気道の理念、それを体現する稽古法、基本的な技法の解説……合気道の全てを網羅した決定版。

    【目次】

    合気道開祖誕生

    若き日の苦悩――生涯をかける道を模索する日々

    転機――武田惣角氏・出口王仁三郎氏との出会い

    極限状態からの悟り

    東京進出――皇武館道場と財団法人皇武会

    合気道を死守せよ

    開かれた合気道へ

    普及・振興に奔走

    海外への普及、そして大きな転換期

    道統の継承、さらなる発展へ

    世界的な評価の高まり、吉祥丸二代道主の逝去

    新しい世紀を迎えて

    新たな門出

    コロナ禍を乗り越え、さらに歩み続ける

    稽古法と理念

    技の骨子――基本の体捌きと呼吸力

    技の種類と呼称

    各種技法

    ・投げ技

    ・投げ固め技

    ・固め技

    ・武器取り

    ・多人数取り

    段・級位規定/推薦資格基準

    【著者紹介】
    植芝守央(うえしば・もりてる)

    昭和26年(1951)4月2日、東京生まれ。合気道道主(平成11年<1999>に道統を継承)。父は二代道主植芝吉祥丸。祖父は開祖植芝盛平。

     明治学院大学経済学部を卒業後、財団法人合気会に奉職。合気会専務理事、合気道本部道場長を歴任。現在、公益財団法人合気会理事長、国際合気道連盟会長、公益財団法人日本武道館理事、国際武道大学評議員などの要職を務める。平成25年(2013)に藍綬褒章を受章。ブラジル国のアンシェッタ勲章、ロシア大統領友好勲章、スペイン・バレンシア大学金メダルを授与される。

     主な著書に『合気道 稽古とこころ』(内外出版社)、『改訂版新版規範合気道基本編』(出版芸術社)などがある。

おすすめ商品