スポーツクリック
ベースボールマガジン社

ホーム > ラグビー > 書籍

もっとも新しいラグビーの教科書2
土井崇司/著
2016年12月28日発売
BBM1140093

定価 本体1,500円+税

  • カート

CONTENTS

    競技特性を知り尽くせ
    用語・戦術の活用術を徹底考察
    劇的に考え方・とらえ方が変わる!

    2015年8月に発行した前作は、日本ラグビー界に新しい風を吹かせ大きな話題となりました。そして2016年12月、ようやく待望の続編が完成!
    海外からの情報だけに頼らず“日本らしさ”を改めて追及しラグビーという競技の特性を知り尽くすための一冊となりました。

    人は対処できない事態に陥るとパニックになる。そこで優位に戦うカギは「選択肢」を多く持つこと。
    ラグビーの競技特性を知り、ルールやプレーを熟知し、多くの解決策を準備しておくことが大切だ――(前文より)。

    【CONTENTS】
    ■~グラウンド編~
    第1章…タッチライン
    第2章…15メートルラン
    第3章…5メートルライン
    第4章…ハーフウェーライン
    第5章…10メートルライン
    第6章…22メートルライン
    第7章…ゴールライン
    ■~プレー&戦術編~
    第8章…パス
    第9章…飛ばしパス
    第10章…クロス(シザース)
    第11章…オフロード
    第12章…ボールキャリー
    第13章…モール
    第14章…ブレイクダウン
    第15章…シェイプ
    第16章…ポッド
    第17章…ハイパント
    第18章…カウンターアタック
    第19章…ペナルティ

    【著者プロフィール】
    土井 崇司(どい・たかし)
    東海大学を卒業後の1984年、当時創立2年目の東海大学仰星高校に赴任。以来、持ち前の負けじ魂を推進力に次々と革新的なアイデアを生み出し、クラブを激戦区・大阪きっての強豪へと育て上げた。花園出場は1992年の初出場を皮切りに14回。その間に3度の優勝(1999年度、2006年度、2013年度)。世界のトライ王、大畑大介を筆頭に、卒業後にトップレベルで活躍する教え子は枚挙にいとまがない。現在は、東海大学付属高等学校ラグビーコーディネーターを務める。


    四六判並製・240頁  定価(本体1,500円+税)
    ISBN978-4-583-11100-1 C2075

おすすめ商品