ホーム > BBM@SEMINAR

セミナー

ベースボールセミナー第2回

川口和久さん写真

 現在、TBSの野球解説者として活躍中の川口和久氏が、現役時代に最後までこだわり続けた“奪三振”とチームにおけるエースの役割について語るトークライヴ。ユニフォームを脱ぐまで、独特の投球フォームから繰り出す速球でバッタバッタと三振の山を築き、プロの世界で3度のリーグ奪三振王に輝いた川口氏。あのシャープでスマートなピッチングの秘訣が今、明らかに・・・。

■テーマ:『奪三振王の語る投球術とエースの役割』

■講師:川口和久氏(プロ野球評論家)
(かわぐち・かずひさ)1959年、鳥取県生まれ、47歳。鳥取城北高から「デュプロ」を経て、81年にドラフト1位で広島に入団。球威のある速球と落差の大きいカーブを武器に3年目に15勝をマーク。以後、広島の主力投手として活躍する。三振奪取が持ち味で、3度、リーグ三振奪取王に輝き、特に3度目の91年には年間230三振(自己最高)を記録した。95年、広島の選手としては初めてFA(フリーエージェント)制度を使い、巨人に移籍。96年、初の胴上げ投手となり、98年に引退。通算成績は435試合、139勝135敗、防御率3・38。


■日時 2006年10月13日(金)
■場所 新宿モノリス・大会議室(地下1階)
〒163-0990 東京都新宿区西新宿2-3-1 [地図]
03-5472-1117
■募集人数 80名(先着順)
※定員となり次第締切とさせていただきます。
■参加費 4,000円
※当日支払い/雑誌=1,000円相当のお土産つき
■お問い合わせ BBM@セミナー事務局
TEL:03-3238-0079
E-mail:seminar@bbm-japan.com

お申し込み方法 

※今回のセミナー参加申込受付は、終了いたしました。

[BBM@SEMINAR トップ]