スポーツクリック
ベースボールマガジン社

ホーム > 野球 > 書籍

TOYOの熱血 “生涯青春”を貫く名将の軌跡
髙橋昭雄/著
2018年 5月23日発売
BBM1050177
四六判並製・200頁
定価 本体 1,600円+税
ISBN:978-4-583-11164-3 C0075

  • amazon.co.jpで買う
  • カート

CONTENTS

    23歳の若さで名門・東洋大学野球部監督に就任して以来、昨季退任するまでに積み重ねてきた勝利の数は東都リーグ歴代最多の542。
    その間には40人以上ものプロ野球選手を育て上げた。
    誰もが認める名伯楽の野球人生とは-。
    野球に人生のすべてを捧げた、熱血指揮官の監督一代記!

    「髙橋昭雄」のではなく「学生たち」の野球/チームづくりの理想は2年サイクルがよい/チームの柱は「主将」「エース」「四番」/原点は相手を打ち崩す「パワフルな野球」/一番に求めるものは“技”ではなくて“心”/長所を伸ばすことより短所を消す作業が重要/練習でしっかり答えを出すことこそが一番/道具を大切にする工夫ができる選手が好打者/究極は自分に褒めてもらえる自分を目指す/大切なのは正義感、思いやり、負けず嫌い

    【著者プロフィール】
    髙橋昭雄(たかはし・あきお)
    1948年6月8日、埼玉県生まれ。69歳。大宮工から東洋大を経て、日産自動車(現在は休部)で捕手として活躍。社会人1年目の72年2月、23歳の若さで母校の監督に就任。76年秋のチーム初優勝から、今回で18度目V。07年春からは戦後初のリーグ5連覇。08年には大学選手権、明治神宮大会も含め「4冠」を達成。大学選手権優勝4度、明治神宮大会優勝2度。1部リーグ通算1040試合で542勝476敗22分け、勝率5割3分2厘。

おすすめ商品