スポーツクリック
ベースボールマガジン社

ホーム > サッカー > サッカークリニック

サッカークリニック 5月号
Soccerclinic
2018年 4月 6日発売
BBM0421805
B5判
定価 890円

  • amazon.co.jpで買う
  • カート
  • 定期購読
  • 定期購読

CONTENTS

  • SPECIAL FEATURES 【特集】
    特集 Let's improve how to carry the ball in football.
    「ボールを前へ運べ! ゴールを目指せ!」

    特集(1):吉田和史・監督(モンタニェーサU-15/スペイン)
    「4段階に分けて理解し、選手は実践。ただし、フィニッシュの重要性を認識する」

    特集(2):大田善信・代表(オオタFC/岡山県)
    「『横』を絡めて前を突く」
    ×高口豊宏・代表兼監督(SSクリエイトFC/大阪府)
    「2種類のパスで前進を促す」

    特集(3):前田久・監督(奈良市立一条高校/奈良県)
    「『今は行ける』、『今は難しい』の、いい判断ができる選手を育てたい」

    特集(4):花房亮太・監督(日章学園中学校/宮崎県)
    「『2人でボールを受ける意識』があれば、さまざまな発想を基に前進できる」

    特集(5):佐藤孝範ヘッドコーチ U-12担当(カティオーラFC/大分県)
    「エリア別の考え方を理解させ、脳に刺激を与える練習で力をつける」

    特集(6):土屋慶太・監督(東京23FC/東京都)
    「『パッキング』によって数値化し、前進することに有効性を選手に伝える」

    特集(7):大橋彰ヘッドコーチ(日本文理高校/新潟県)
    「前進に必要な認知スピードを高めるには、いい習慣と強度の高い練習が欠かせない」

    COVER TALK SESSION【巻頭対談】
    元日本代表選手が見たスペインの育成(2)
    「選手に心地良くプレーさせない」
    ランデル・エルナンデス・シマル(アスレチック・ビルバオ)
    ×戸田和幸(慶応大学サッカー部コーチ/サッカー解説者)

    REPORT【リポート】
    誌上再現『サッカーサービス ウインターキャンプ2017-2018』vol.2
    高校サッカー研究2018 第1回 明秀学園日立高校(茨城県)
    海外指導者の考え方(2):スペイン編「ビジャレアルの指導者に聞く」

    COLUMN【コラム】
    勝つための栄養セミナー
    母国イングランド直送コラム「フットボール・ツイッター」

    JUNIOR SOCCER CLINIC【ジュニアサッカークリニック】
    「スペイン流の考えるトレーニングⅧ」ランデル・エルナンデス・シマル(アスレチック・ビルバオ)
    「ジュニア年代クラブ訪問」セントラルFC宮崎(宮崎県)
    「子供も楽しく学べる!GK技術攻略講座」中山英樹(福岡ゴールキーパースクール代表)
    「実戦で使える『個人技術向上メソッド』」中川英治(クーパー・アカデミー・オブ・コーチング/ヘッドマスター)

    SERIAL【連載】
    COACH'S HISTORY 指導者たちの履歴書 第1回 ミゲル・アンヘル・ロティーナ(東京ヴェルディ・監督)
    Jリーグ・スケジュール
    トレーニング・レビュー
    インフォメーション
    バックナンバー&次号予告
  • 次号予告

    2018年6月号(5月7日発売)
  • 特集 「3人目の動き」を考える

    パスの出し手と受け手の2人以外に、
    もう1人が動くことを「3人目の動き」と呼ぶ。
    3人目の選手の動きは、守備側に捉えられにくい。
    うまくいけば、ゴールチャンスを大きくすることができる。
    攻撃力をアップさせる「3人目の動き」を、次回は考えたい。
    各カテゴリーの指導者に考察を聞いた。

    特別インタビュー/指導者たちの履歴書
    レヴィー・クルピ(ガンバ大阪・監督)
  • ※企画および内容はすべて予定。都合により変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

おすすめ商品