スポーツクリック
ベースボールマガジン社

ホーム > シリーズ書籍 > その他・シリーズ

【クイズでスポーツがうまくなる】知ってる? 陸上競技 走る・跳ぶ・投げる
朝原宣治/著
2017年 9月19日発売
BBM1300082
A5判並製・144頁
定価 本体 1,500円+税
ISBN:978-4-583-10953-4 C2075

  • amazon.co.jpで買う
  • カート

CONTENTS

  • 五輪銀メダリストでジュニア指導にも定評がある著者が、体を自在に動かす方法と、走・投・跳の基本をクイズ形式でわかりやすく伝える。
    どうしたら、もっと速く、遠く、高く、体を動かせる? 思い通りに動くのに役立つ、「コオーディネーショントレーニング」も紹介。
    子どもも大人も自分で答えを探すので、上達ポイントや競技の特徴をよく覚えることができる。
    豊富なイラストを用いて、楽しめる見せ方を徹底的に追求。親子で読める、指導者にも役立つ一冊。
    総ルビ、索引付きで、調べ学習にも最適。プレゼントにもおすすめ。

    【CONTENTS】
    第1章 シンプルで奥深い陸上競技の基本
    第2章 短距離走の基本を学ぼう
    第3章 体を動かす感覚を身につけよう
    第4章 短距離に挑戦しよう
    第5章 跳躍種目に挑戦しよう
    第6章 投てき種目に挑戦しよう

    [著者プロフィール]
    朝原宣治●あさはら・のぶはる
    1972年6月21日、兵庫県生まれ。大阪ガス所属。中学時代は強豪ハンドボール部に所属し、高校入学後に陸上を始める。高3のインターハイで走幅跳において優勝。93年に100mで10秒19の日本記録(当時)をマーク。その後、96年に10秒14、97年に日本人初の10秒0台となる10秒08をマークし、計3度日本記録を更新した。世界大会にも数多く出場し、2008年北京五輪では、4×100mリレーのアンカーとして銀メダル獲得に貢献した。引退後は、大阪ガス陸上競技部コーチとして江里口匡史らを指導するかたわら、主宰の『NOBY T&F CLUB』で、小学生からアスリートコースまで幅広く指導。16年から日本陸連ダイヤモンドアスリートのプログラムマネジャーも務めている。自己ベストは100m=10秒02(日本歴代3位)、走幅跳=8m13(日本歴代5位)、4×100mリレー(4走)=38秒03(日本歴代2位)。

おすすめ商品