スポーツクリック
ベースボールマガジン社

ホーム > サッカー > サッカークリニック

サッカークリニック 11月号
Soccerclinic
2016年10月 6日発売
BBM0421611
B5判
定価 860円

  • amazon.co.jpで買う
  • カート
  • 定期購読
  • 定期購読

CONTENTS

  • SPECIAL FEATURES【特集】
    特集 Let's master 2 vs 1 training with illustrations !
    図解で「2対1」のトレーニングを極めよう!
  • 特集(1):山口大介コーチ(神奈川県トレセン&南毛利フットボールクラブ/神奈川県)
    「『味方のいる最小単位でできる2対1』は、工夫次第で連係と判断の伴った練習となる」
  • 特集(2):田中健二・監督(新潟明訓高校/新潟県)
    「『2対1』のメリットとデメリットをしっかりと理解してトレーニングすべき」
  • 特集(3):坪井健太郎・第2監督(UEコルネジャ・ユースB/スペイン)
    「『2対1』はグループの『数的優位の最小単位』。だから、数的優位を確実に活かせるべき」
  • 特集(4):小井土正亮・監督(筑波大学/茨城県)
    「縦パスによる『スイッチの入れ方』を共有し、『2対1』の局面から一気に加速する」
  • 特集(5):宮澤崇史・監督(横浜創英高校/神奈川県)
    「サイドでは『追い越す動き』が欠かせない。中央ではパス交換で『2対1』をつくる」
  • 特集(6):村田一弘・監督(セレッソ大阪U-18/大阪府)
    「試合中の『2対1』は瞬時に起こるもの。練習では流れの中からその状況をつくり出す」
  • COVER INTERVIEW【巻頭インタビュー】
    前フットサル日本代表・監督のクリニック誌上再現リポート
    ミゲル・ロドリゴ(フットサル・タイ代表・監督)
    「楽しませ、考えさせる指導が子供の決断力につながる」
  • REPORT【リポート】
    ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選 結果&スケジュール
    FCバルセロナ・スクールのトレーニング 最終回
    AFC U-19選手権・展望企画 内山篤(U-19日本代表・監督)インタビュー
    ユース年代「育成考」 第2回 都道府県選抜を考える
  • COLUMN【コラム】
    Referee and Judgement
    母国イングランド直送コラム「フットボール・ツイッター」
    勝つための栄養セミナー
  • JUNIOR SOCCER CLINIC【ジュニア・サッカークリニック】
    「スペイン流の考えるトレーニングⅦ」 ランデル・エルナンデス・シマル(アスレチック・ビルバオ)
    「ジュニア年代クラブ訪問」 Jフィールド津山サッカークラブ(岡山県)
    「ドイツ流に学ぶ 少年GKコーチング」 川原元樹(Double PASS Japan・アセッサー)
  • SERIAL【連載】
    マイ・コーチング・ロード 第6回 長澤徹(ファジアーノ岡山・監督)
    「指導者に覚悟があれば選手に気持ちは伝わる。そして選手に気づきを与える指導を心がける」
    プレゼント
    岡田瞳の身体を自在に操るための「コンディショニング講座」(14)
    Jリーグスケジュール
    INFORMATION
    バックナンバー&次号予告
  • 次号予告

    2016年12月号(11月 5日発売)
  • 特集 攻撃力アップ・シリーズ(1)
    「ビルドアップ」を学ぶ
    次号から「攻撃力アップ・シリーズ」を開始。
    その第1弾として「ビルドアップ」を特集する。
    マンチェスター・シティを指揮するジョゼップ・グアルディオラ監督が重視する攻撃手法の1つとして、注目する指導者が多い「ビルドアップ」。
    ビルドアップの進め方、練習方法などのアイディアを、各指導者に聞いていく。
  • マイ・コーチング・ロード
    黒田 剛(青森山田高校・監督)
  • ※企画および内容はすべて予定。都合により変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

おすすめ商品