スポーツクリック
ベースボールマガジン社

ホーム > バスケットボール > 書籍

バスケットボール 桜花学園高のファンダメンタル ハンディ版

2016年2月19日発売
BBM1120075

(本体)1,200円+(税)96円

  • カート

CONTENTS

【内容】
桜花学園の強さはファンダメンタルにあり!
徹底した「基礎練習」の繰り返しこそが全国常勝チームを築き上げる

(詳細)
実力の拮抗したチーム同士が対戦したとき、後半の体力的、精神的に疲れた状態であっても、普段の練習で基本的なことを繰り返し、繰り返しやって身につけていると、ターンオーバー(ミス)が起こりにくくなります。勝敗を分ける場面で、いかに自分たちに流れを呼び込むか。それこそが練習の大半をファンダメンタルに割いている桜花学園高校の強さの真髄なのです。

【目次】
第1章 オフェンス
 □ドリブル
 □パス
 □シュート
 □リバウンド
第2章 ディフェンス
 □ボールマンディフェンス
 □チームディフェンス
 □スクリーンディフェンス
 □リバウンド&ブロック
第3章 ポストプレー
 □ポストオフェンス
 □ポストディフェンス

※本書は2014年12月発行のMOOK『バスケットボール強豪校シリーズ 桜花学園高のファンダメンタル 井上眞一コーチのメソッド』(B.B.MOOK1138)をハンディ版にサイズを変更して発行したものです。内容や所属は当時のままです。

【監修者プロフィール】
井上眞一 (いのうえ・しんいち)
桜花学園高校・女子バスケットボール部監督
1946年生まれ、愛知県出身。1971年、名古屋市立楠中学校で指導者人生をスタートさせると、1977年に転任した名古屋市立守山中学校では1980年から「全国中学校バスケットボール大会(全中)」で6連覇を達成。1986年から正式に桜花学園高校(当時は名古屋短期大学付属高校)の監督に就任。同年のインターハイで優勝すると、以後、チームをインターハイ21回、国体18回、ウインターカップ(春の選抜大会含む)20回、計59回の全国優勝(2016年2月20日現在)に導く。「高校はあくまでも通過点」との考えから、徹底したファンダメンタルの指導で、多くの日本代表選手も育て上げている。


A5判並製・96頁
ISBN 978-4-583-10995-4 C2075

おすすめ商品